jima_dad on Clubhouse

Updated: Jul 27, 2022
jima_dad Clubhouse
78 Followers
129 Following
Jan 30, 2021 Registered
@jima_dad Username

Bio

Data Scientists / Algorithmic Trading Strategist / STEAM Education Practitioner

こんにちは、JIMAです。
私は
「AI時代のスマートレディ・ジェントルマンの育て方」
というテーマで毎週ソルティさんと対談しています。

わたしの子供たちが通う、200年近い歴史をもつロンドンのプライベートスクールは、伝統と最先端のテクノロジーを導入した、温故知新の独自のカリキュラムで教育を行なっています。

そこはテーマパークのように楽しく、エンターテイメント性に溢れ、とても温かみがあり、親子で参加できる、国際色豊かな教育コミュニティです。

子供たちは学校が本当に大好きで、たとえ風邪をひいて熱が出たとしても、

「お願い!どうしても学校に行って、仲間と共に、今やっている授業のプロジェクトを完成させたいから、熱冷ましをちょうだい!」

と懇願するような有様です(笑)


このような経験を通じて、子供たちをこんなにまで楽しませ、あたかも「中毒」状態にする、イギリスのプライベートスクールの教育の「秘密」を解明したいという強い欲求がわたしの中から湧いてきました。

なぜなら、自分も含め、わたしたち大半の日本人は、学校教育はつまらなくて当然。

勉強は、歯を食いしばって頑張るものだという、諦めにも似た先入観がある中で、ある意味大きなカルチャーショックを受けたからです。

この「秘密」を日本の皆様にシェアして、少しでもたくさんの方々の、悪しき先入観を覆すお手伝いをしたいと感じるようになりました。


さてプライベートスクールという教育コミュニティでは、AI時代にAIを使いこなし、AIに代替されない人間本来の価値を創造可能な、魅力的なジェントルマンやレディーになるための総合教育が行われています。

別の言葉で言えば、従来のアカデミックな知識や読み書きのリテラシーだけではなく、

子供たちが成人して、未来のAI時代で「人間らしく」生き抜き、活躍するために必要な、インターネット空間を含むあらゆるコミュニケーション能力や、

自他を思いやるといった「感情」リテラシーをも獲得することを非常に重視しているといった特徴があります。

例えば長女が入学したプライベート・スクールの小学部(女子校で一学年24人の小人数制)のガイダンスでは、学校が最重要視している6つの重点項目をはっきりと述べていました。その6つとは

・パブリックスピーキングを含むコミュニケーション能力と、人々の心を動かすストーリー・ライティングの能力

・演劇や芸術を通して美意識を磨き、分野横断的なSTEAM教育で、好奇心に基づく主体的な学びの楽しさを感じる土台を作ること

・起業家精神を養うことや瞑想やセルフコンパッション、感情リテラシーやストレスマネジメントなどのソフトスキル

・相手の潜在的な能力を引き出すためのコーチング・マインドを、教師だけでなく、親と生徒も徹底して理解すること

・学んだことをコンテンツ化し、それをGoogle Cloudなどのサイバー空間に転送し、将来世の中の役に立つ発信をするためのスキルを身に付けること

・グループでコラボして、プロジェクトを計画、立案そして遂行する能力
でした。

あなたは、この6つの重点項目に目を通されて、どのような印象を持たれましたか?

わたしは正直ショックを受けると共に、少しばかり嫉妬を感じました。

それは、わたしが日本の義務教育で受けた「過去」に縛られた、知識を詰め込むものとは全くもって次元の違う、子供たちの「未来」を心から見据えたものだったからです。


実はわたしは、国立大学で教鞭をとっていた教育熱心な父のもとで、国立の幼・小・中学校から都内の御三家の一つである私立進学校を経て、東京大学/大学院を修了しました。

しかし、画一的で、知識を一方的に詰め込み、まるで従順な「ロボット」を育てるような日本の学校教育になじめず、いつも反抗ばかりしている生徒でした。

だからこそ子供たちには、同じような葛藤を味わって欲しくないと感じ、イギリスの伝統あるプライベート・スクールで学んでもらうという選択をしたのでした。

このチャネルでは、子供たちだけでなく、わたしたち家族皆が、ロンドンのプライベートスクールで、未来で役に立つスキルやリテラシーを共に学び、成長させてもらっていることをシェアする事で、

リスナーの皆様に、日本の教育を経験するだけでは決して得られない、新しい視点や気づきを提供したいと考えております。

そして共に、豊かで、元気でモテて深い、子供たちに憧れられるような魅力的なパパ、ママの仲間を増やしていけたらなと感じています。

プライベート・スクールライフについては、こちらのブログの記事をご覧ください。

http://fanblogs.jp/whodareswins/archive/112/0


「ボーイズの通うプライベートスクールのモットーは「ゆっくり。でも確実に」。これからの100年時代を親子ともども「ゆっくり、丁寧に、しっかり足場を固めながら、でも着実に成長し、味わい尽くす」ことの意義」

子供たちがプライベートスクールで学んだことをインスタグラムにもアップしてあります。

メッセージをいただければ、ぜひ相互フォローさせていただきます。

https://www.instagram.com/jimabros/

Invited by: サトリ

Last 10 Records

if the data has not been changed, no new rows will appear.

Day Followers Gain % Gain
April 05, 2022 78 -2 -2.5%
February 06, 2022 80 +1 +1.3%
December 31, 2021 79 +2 +2.6%
October 15, 2021 77 +1 +1.4%
September 08, 2021 76 +5 +7.1%

Charts

Member of

More Clubhouse users